Category Archives: HIP HOP

映画「タイム・イズ・イルマティック」

ヒップホップ史を語る上で欠かせない永遠のクラシックの一つ、ナズの「イルマティック」がリリースされてから20年。この革新的なナズのファーストアルバムのドキュメンタリー、「タイム・イズ・イルマティック」が話題になったのは記憶に新しい。

ニューヨークとロサンゼルスで先行封切りされてから一週間後の10月7日、監督のOne9、プロデューサーのエリック・パーカー、そしてジャズミュージシャンでありナズの父親であるオル・ドラを招いてのスクリーニング、パネルディスカッションがハーレムのショーンバーグ・センターにて行われた。 Continue reading 映画「タイム・イズ・イルマティック」

ザ・タニング・オブ・アメリカ

 

1970年代の初頭にニューヨークのサウス・ブロンクス地区で生まれたヒップホップと呼ばれる文化は、今や人種や国を超え、文化的のみならず商業的にも大きな影響力をもつようになった。
長年大手のレコード会社で重役を勤め、U2, イヴ, リンプ・ビズキット, エミネム, マライヤ・キャリー 、ウィル・スミス, ナズ, メアリーJ.ブライジなど数多くのアーティストのキャリアに関わっただけでなくマーケティング&広告のプロでもあるスティーブ・スタウト(Steve Stoute)は、著書『Tanning of America』にて黒人文化が他の人種に浸透してゆく様を「Tanning」と表現し、「オハイオでのJay-Zのコンサートでアジア人、白人、黒人の様々な場所から集まった若者がリリックを共有し、同じダンスをしている様子を見て、社会的にも経済的にも色々な背景を持った若者を集結されるものはほかにあまりない。ヒップホップには、もの何か凄く強い影響力をもった何かがあると思った。この考えを一度本に書きたかった。」と話す。

Continue reading ザ・タニング・オブ・アメリカ